MENU

闇金融の取り立てに対処するには

一般消費者と比較して、多重債務者や自己破産者は、闇金融と関係を持つ可能性が高いです。多重債務者や自己破産者もできれば、正規の貸し出し企業をご利用になりたいと考えています。しかし、信用度の劣る貸し出し対象者には、融資を実施しないのが一般的です。その様な状況の中、上手に登場するのが悪徳業者なのです。

 

借り入れ困難者に甘い言葉をかけ、貸し出しを試みます。たとえば、即日融資可といった内容や、ブラックでも可といった内容が、主な誘い文句です。その言葉に釣られてサービスにお申し込みになれば、闇金融との接点をもつことになります。悪徳業者を利用してもすぐに返済すれば問題ではないと、お考えになるかもしれません。その様な甘い考えは捨て去るべきです。

 

一度闇金融と接点をもてば、他の悪徳業者も集まってきます。この様な業者は裏で繋がっており、貸し出し対象者の情報を共有しています。一つの業者と関係を切っても、すぐに別の業者が接近することが目に見えているのです。悪徳業者と深い繋がりをもてば、その状況から脱出するのは困難です。それをお一人の力のみに頼れば、事態が泥沼化することでしょう。

 

悪徳業者の接近を徹底的に排除されたいのであれば、法律家の助けを借りるべきです。法律のプロである弁護士や司法書士の助けを借りれば、きっと有効な策を授けてくれるはずです。お一人だけで業者に立ち向かおうとせず、法律事務所にご相談になるのが良いでしょう。

 

自分で解決するよりもチームで解決を

闇金融の借金解決にはまず相談が基本

絶対に利用してはならないと言われているのがヤミ金です。法外な金利と違反な取り立てで有名なことは知られていますが、利用者を孤立させるような手口を利用する傾向が多いです。これは他の人が返済したり、警察などに連絡が入ることを防ぐためです。利用者の評判を落として、お金を渡さないようにするとても酷いやり方と言えます。

 

周りの人に闇金を利用したことを分からせて孤立させ、その後でこちらの条件を飲めば返済させるというやり方が多いです。ただ条件というのは死に近いことをさせられるわけですから、結果的に自分の身を滅ぼすことになります。だからと言って自分1人で完済するなんて変な解決方法は採らないでください。それは相手の思うつぼなのです。

 

このような問題を解決するためには、専門家の力を借りることが必要です。弁護士や司法書士に頼んで、チームという形を取って解決を図ってください。弁護士などに相談された後は、厳しい取り立てをすることが難しくなります。そして借金自体を帳消しにされるような方法を取られると、闇金は手が出せないということです。

 

闇金融の解決は1人では不可能です。必ず闇金を倒すためのチームを作り、専門家のアドバイスを受けながら実践していくことです。そのためには頼りになる弁護士に相談することから始めてください。